【2019年度鈴木成一装画塾】募集要項を公開いたします

〈装丁イラストレーション塾〉は〈装画塾〉として生まれ変わります!

 

2019年度よりイラストレーションのみならず写真作品の応募も受付する〈鈴木成一装画塾〉として募集をいたします。

 

装画制作のプロおよびプロを目指す方のための実践的な講座「鈴木成一装画塾」を、2019年度も開催いたします。
実際に刊行される原稿を課題とし、制作・プレゼンテーション・講評を行うこの講座では、これまでにも多くの作品が、書籍の装丁に採用されています。
2016年度までは、東京と京都で別々の原稿を課題としていましたが、2017年度からは同じ課題を採用し、よりコンペティティブな環境を整え、仕事に直結する実践的な講義内容を目指しています。

 

2018年度採用作品
tsuji
辻仁成『真夜中の子供』(河出書房新社)装画:カワタアキナ

 

shirai
白井青子『ウィスコンシン渾身日記』(幻冬舎)装画:たにあいこ

 

miura
三浦綾子『一日の苦労は、その日だけで十分です』(小学館)装画:としえ

 

受講者は、作品審査によって決定させていただきます。
受講ご希望の方は、募集要項に従って作品をお送りください。

 

開講日
東京:第一回2019年2月23日(土)、第二回3月9日(土)、第三回3月23日(土)
京都:第一回2019年3月2日(土)、第二回3月16日(土)、第三回3月30日(土)

 

講義時間
第一回・第二回:13:00~17:00
第三回:13:00~16:00

※講義時間は、受講生の人数によって調整することがございます。

 

場所
東京:日本ユニ・エージェンシー6階 セミナールーム
京都:恵文社一乗寺店 COTTAGE

 

定員
各30名
※再受講生は、選考を行わずに優先的に受け入れさせていただきます。
応募多数の場合は、先着順とさせていただきます。
対象者には別途メールにて、応募締め切りについてご連絡いたします。

 

受講料
初回受講生:45,000円+税
再受講生:40,000円+税
受講3回目以降の受講生:35,000円+税

※ファイル選考の結果受講生が20名に満たない場合、開講を見合わせることがあります。

 

講義の進め方
第1回の講義2週間前までに、講師の鈴木成一に対する質問表をメールにて配布します。
また遅くとも講義10日前までには、課題となる原稿を受講生のみなさんにお送りします。

第1回の講義では、その質問に答えながらファイルと課題の講評をします。

第2回の講義では、第1回の講義を踏まえ、ブラッシュアップした課題作を持参いただき、鈴木成一が講評します。

第3回の講義では、第2回の講義を踏まえ装画を仕上げてご提出いただきます。

課題となる原稿は2作から3作を予定していますが、出版社が鈴木成一に装丁を依頼した作品ですので、商品としての本に採用されることがあります。採用された場合には、その出版社規定のイラスト料が支払われます。

 

【募集要項】

受講者は、作品審査によって決定させていただきます。
受講ご希望の方は、下記に従って作品をお送りください。

 

応募資格
装丁のための作品を制作するプロおよびプロを目指す方であれば、年齢、国籍、プロ・アマ一切不問。

 

応募作品規定
クリアファイル(A4サイズ/20ページ)

作品のカラーコピーまたは作品データの画像出力を、A4サイズ/20ページのクリアファイルにて提出。
応募作品は返却に応じることができませんので原画のご送付はご遠慮ください。

 

作品応募の際は下記の内容を明記した紙をご同封ください。
・参加希望開催地(東京もしくは京都と明記)
・氏名(ふりがな)
・ペンネーム(ふりがな)
・年齢
・住所
・電話番号(日中に連絡のとれる番号)
・勤務先または学校名
・Eメールアドレス
・使用画材
・応募動機

 

テーマ・画材
テーマ・画材は共に自由です。

 

応募作品受付期間および発表
受付期間2019年2月1日(金)必着
発  表2019年2月7日(木)

 

発表方法
受講者には電話もしくはメールで通知いたします。

 

審査員
鈴木成一

 

応募作品送付先/お問い合わせ先
株式会社日本ユニ・エージェンシー 鈴木成一装画塾 係
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-27 東京堂神保町第2ビル 5階
担当:吉岡 泉美(よしおか いずみ)/鈴木 優(すずき まさる)
TEL:03-3295-0301
Eメール:soutei●japanuni.co.jp(●を@に置き換えてお送りください。)
※Twitterでも当装画塾情報を随時公開しております。@_irasutojuku