【プロを目指す人のための、実践・絵本ワークショップ in神保町】2018年1月より開講します!

【優秀作品は当社のネットワークを活かした協力出版社から刊行される可能性があります!】

【絵は描けるけどお話がどうしても…という方も大歓迎です!】

 

絵本作家のプロを目指す方のための実践的な講座「プロを目指す人のための、実践・絵本ワークショップ in神保町」を2018年1月より開講いたします。

 

受講生のみなさまが講義を通して制作した絵本のなかで、優秀作品については、当社のネットワークを活かした協力出版社から刊行される可能性があります。

 

講師は絵本編集者の筒井大介(担当作にミロコマチコ『オオカミがとぶひ』、スズキコージ『ブラッキンダー』など)と堀内日出登巳(担当作に東雅夫・編「怪談えほん」シリーズ、及川賢治・竹内繭子『よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし』など)がつとめます。

 

全11回のうち、前半は課題提出を通してのラフ制作、後半は受講生みなさんのオリジナル絵本制作となります。前半部の課題テーマについては、子どもの頃の記憶や体験、反復・繰り返し、生と死、動物・モノの擬人化、オリジナルの擬音・自分語の作成、絵本のカメラワークについてなどを想定しています。受講生のみなさまの関心によって、適宜変更いたします。絵本の構造を学びながら、出版を目指した実践的な絵本制作が体験出来るワークショップです。

 

2018年度の優秀作品については、当社のネットワークを活かした協力出版社の企画会議で優先的に検討されます。優秀作品については該当作なしの場合もございますが、該当作があった場合、協力出版社による検討の結果、編集を経て、刊行される可能性があります。その場合には、主催の(株)日本ユニ・エージェンシーが50年に及ぶ著作権代理店としての機能を生かし、著者の代理人として出版社と契約することになります。著者には弊社手数料を除いた印税が支払われます。またボローニャをはじめとした各国のブックフェアにて、世界中の出版社で契約されるよう弊社が売り込みます。

 

【講師プロフィール】

筒井大介(フリー編集者)/1978年大阪府生まれ。教育画劇、 イースト・プレスを経てフリーランス。野分編集室主宰。担当した絵本に『うちゅうたまご』(荒井良二)『ボクのかしこいパンツくん』(乙一・原作/長崎訓子・絵)『まじかるきのこさん』(本秀康)『ネコヅメのよる 』(町田尚子)『えとえとがっせん』(石黒亜矢子)など。『ブラッキンダー』(スズキコージ)『オオカミがとぶひ』(ミロコマチコ)がそれぞれ第14回、 第18回日本絵本賞大賞を受賞。『オレときいろ』(ミロコマチコ)が2015年度のブラティスラヴァ世界絵本原画展において「金のりんご賞」を受賞。水曜えほん塾、nowaki絵本ワークショップ主宰。京都造形芸術大学非常勤講師。
https://twitter.com/dtsutsu11

 

堀内日出登巳(ほりうち・ひでとし)岩崎書店/1972年新潟生まれ。格闘技系出版社を経て2001年に岩崎書店へ入社し、絵本編集を始める。編集を担当した作品に『はしるチンチン』(しりあがり寿)『ヘンなあさ』(笹公人/本秀康)「怪談えほん」シリーズ(東雅夫・編)『よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし』(及川賢治・竹内繭子/第13回日本絵本賞大賞)など。
https://twitter.com/h_o_r_i_u_c_h_i

 

【定員】20名

※受講希望者が10名に満たない場合、開講を見合わせることがございます。

 

【開講日時】

基本的に毎月第4火曜 午後7時から9時まで

※12月のみ第3火曜日 午後7時から9時まで

第1回2018年1月23日

第2回2018年2月27日

第3回2018年3月27日

第4回2018年4月24日

第5回2018年5月22日

第6回2018年6月26日

第7回2018年8月28日

第8回2018年9月25日

第9回2018年10月23日

第10回2018年11月27日

第11回2018年12月18日

 

【場所】

日本ユニ・エージェンシー6Fセミナールーム

 

【受講料】

全11回118,800円(税込)+初回のみ事務手数料5,000円(税込)

 

【応募方法】

申し込み締切日までにehon@japanuni.co.jp あてで下記5点をお送りください。

  • 1、お名前
  • 2、ペンネーム
  • 3、ご住所
  • 4、お電話番号
  • 5、受講希望動機

 

【申し込み締切】

2018年1月9日(火)必着