2月28日(火)にイベント「『こびとが打ち上げた小さなボール』が教えてくれるもの」が開催されます

弊社仲介の『こびとが打ち上げた小さなボール』翻訳者の斎藤真理子さんが登壇されます。

神保町チェッコリさんで、2月28日(火)19:00~20:00開催です。

詳細はこちらから。

<イベント内容>

出版から38年、純文学としては異例のロングセラー『こびとが打ち上げた小さなボール』。なぜこんなにも長く生命を保っているのでしょうか。その理由を探るとともに、2017年の今この小説を読む意味を参加者の皆様と一緒に考えたいと思います。当日は、本書の根幹をなしている韓国のスラム撤去と都市開発の問題を中心にお話した後、『こびと~』が韓国社会に与えた影響や、現代の若い作家の小説やドラマ・映画に現れた撤去と開発の問題にも触れたいと思います。本を読んでいない方もぜひご参加ください。